1. ホーム
  2. 製品一覧
  3. M-MuLV Reverse Transcriptase

M-MuLV Reverse Transcriptase

M-MuLV Reverse Transcriptaseカタログ番号:M0253

カタログ番号

サイズ

濃度

価格

保存温度

M0253S 10,000 units 200,000 units/ml ¥11,000 -20C
M0253L 50,000 units 200,000 units/ml ¥44,000 -20C

製品カテゴリ>グループ

  • ポリメラーゼ&増幅技術>逆転写酵素&RT-PCRキット
  • RNA研究用試薬>逆転写酵素およびRT-PCR

備考

  • 備考:2013年11月5日価格改定、ポリメラーゼ&増幅技術|RNA研究用試薬>逆転写酵素、RT-PCRキット|逆転写酵素およびRT-PCR

特徴

Description:
Moloney Murine Leukemia Virus(M-MuLV) Reverse TranscriptaseはRNAからDNAを合成する逆転写酵素である。この酵素はプライマー存在下、RNAまたはssDNAをテンプレートとしてDNA相補鎖を合成する(RNAの場合、cDNA合成)(1-4)。なお、3' → 5'エキソヌクレアーゼ活性は有していない。

 

Source:
M-MuLV由来の逆転写酵素遺伝子を有するE. coli株から精製。

Reaction & Storage Conditions

Concentration:
200,000 units/ml。

Storage Conditions:
150 mM NaCI、50 mM Tris-HCl (pH 7.6)、0.1 mM EDTA、1 mMジチオスレイトール、0.1% NP-40、150 mM NaCl、および50%グリセロール。-20 ℃で保存。

Reaction Conditions:
1X M-MuLV逆転写酵素反応バッファー[50 mM Tris-HCl (pH 8.3)、75 mM KCl、3 mM MgCl2、10 mMジチオスレイトール]。dNTPを添加(製品には含まれていない)。37 ℃または42 ℃でインキュベーション。

Quality Management:
M-MuLV逆転写酵素は、未精製または精製済みのRNAテンプレートを使用して、完全長のcDNAを合成する試験を行っている。またRNase、エンドヌクレアーゼ、およびエキソヌクレアーゼのコンタミネーション活性が検出されないことを確認している。

Definition of Unit:
1ユニットは、poly(rA).oligo(dT)をテンプレートプライマーとして使用して、37 ℃で10分間、1 nmolのdTTPが酸性不溶物質に取り込まれるために必要な酵素量として定義されている。

Unit Assay Conditions:
75 mM KCl、50 mM Tris-HCI(pH 8.3)、3 mM MgCl2、10 mMジチオスレイトール、0.5 mM [3H]-dTTP、0.4 mM poly(rA).oligo(dT)12-18

Notes

Usage notes:

 

  1. RNAまたはssDNAからcDNAを合成
  2. リコンビナントから単離

References

  1. Verma, I.M. (1975) J. Virol., 15, 843-854.
  2. Gerard, G.F.およびGrandgenett, D.P. (1975) J. Virol.,15, 785-797.
  3. Roth, M.J., Tanese, N.およびGoff, S.P. (1985) J. Biol.Chem., 260, 9326-9335.
  4. Sambrook, J.他(1989). Molecular Cloning: ALaboratory Manual, (2nd ed.), (pp.5.52-5.55, 8.11-8.17).Cold Spring Harbor: Cold Spring Harbor LaboratoryPress.