1. ホーム
  2. NEBの発現用コンピテントセル

製品情報

 NEBの発現用 コンピテントセル 様々な用途に対応した大腸菌株を提供
image  

一般的なタンパク質発現から、ジスルフィド結合を有するタンパク質の発現まで、様々な用途に対応した発現用コンピテントセルを提供しています。

 

  NEB の発現用コンピテントセルの特長 :
 

SHuffle

正しいフォールディング(立体構造)のタンパク質を発現
  NiCo21(DE3) 夾雑物のないHisタグタンパク質の精製が可能
  Lemo21(DE3) 発現量を抑制することにより、タンパク質の収量を向上
  BL21(DE3) 一般的なタンパク質発現用

NEBのクローニング用コンピテントセルはこちら

 

SHuffle Competent E.coli
  正しいフォールディング(立体構造)のタンパク質を発現するコンピテントセル
  封入体形成、タンパク質が本来の活性を示さない等でお困りの方はお試しください!
   
 

真核生物などのタンパク質を大腸菌で発現させる場合には、発現タンパク質が本来の活性を示さない 、インクルージョンンボディー(封入体)を形成するなどの問題が生じます。多くの場合は大腸菌がジスルフィド結合(S-S結合)を形成することができず、タンパク質本来のフォールディング(立体構造)を再現できないことが原因です。

SHuffleは遺伝子の改変により、細胞質でS-S結合を形成し、さらに不正確に形成されたS-S結合を修正することにより、正しいフォールディング(立体構造)のタンパク質を発現する大腸菌コンピテントセルです。

image
 

(A)野生株の細胞質は還元状態であるため、S-S結合を形成することができず、タンパク質をフォールディングするとができない。(B)他社より販売されている大腸株は、細胞質でS-S結合を形成するが、不正確なS-S結合が形成されるため、正しいフォールディングの再現ができないことがある。(C)SHuffleは細胞質でS-S結合を形成し、さらに不正確に形成されたS-S結合を修正することにより、正しいフォールディング(立体構造)のタンパク質を発現する。

 

 製品名  特長 製品番号 容量 希望価格

 SHuffle Express Competent E.coli

 ・lac やara 発現(非T7)

C3028J 0.05 ml x 12 ¥ 39,800

 SHuffle T7 Express Competent E.coli

 ・T7 発現

C3029J 0.05 ml x 12 ¥ 39,800

 SHuffle T7 Express lysY Competent E.coli

 ・T7 発現

 ・非誘導下での発現を抑制

 ・毒性タンパク質の発現

C3030J 0.05 ml x 12 ¥ 39,800

 SHuffle T7 Competent E.coli

・T7 発現

・K12 株由来

C3026J 0.05 ml x 12 ¥ 39,800

 

 

NiCo21(DE3) Competent E.coli
  夾雑物のないHisタグタンパク質の精製が可能なコンピテントセル
  精製タンパク質の夾雑物混入でお困りの方はお試しください!
   
  大腸菌で発現したHisタグタンパク質を精製すると夾雑物(主にGlmS, SlyD, ArnA, Can)が混入し、高純度のHisタグタンパク質を回収することができないという問題が生じます。
NiCo21(DE3)は問題となるGlmS, SlyD, ArnA, Can遺伝子が改変されており、夾雑物が最小限のHisタグタンパク質の精製を可能する大腸菌コンピテントセルです。
image
  (A)GlmS, SlyD, ArnA, Can はNiカラムに吸着するので、大腸菌野生株からHisタグタンパク質を精製するとGlmS, SlyD, ArnA, Canが混入する。
(B)Niカラム精製によりGlmS、さらにキチンカラム精製によりSlyD, ArnA, Canが除去されるので、NiCo(DE21) から精製するHisタグタンパク には夾雑物がほとんど混入しない。
 
 製品名  使用用途と特長 製品番号 容量 希望価格

  NiCo21(DE3) Competent E.coli

 ・T7 発現

 ・Hisタグタンパク質の発現・精製

C2529H 20 x 0.05 ml ¥ 31,000

 

 

Lemo21(DE3) Competent E.coli
  発現量を抑制することにより、タンパク質の収量を向上するコンピテントセル
  封入体形成、毒性タンパク質、膜タンパクの発現でお困りの方はお試しください!
   
  膜タンパク質など不溶性のタンパク質や大腸菌に毒性を示すタンパク質を発現すると、タンパク質の収量が低いという問題が生じます。多くの場合は封入体を形成する、大腸菌が死滅してしまうことが原因で、収量を向上しようとして、タンパク質の発現を誘導すると、さらに収量が低下するという問題が生じてしまいます。
Lemo21(DE3) はT7 RNAポリメラーゼによる発現を厳密に制御することにより、他の大腸菌株では発現困難である膜タンパク質や毒性タンパク質の発現を可能にする大腸菌コンピテントセルです。
   
image
  (A)T7 RNAポリメラーゼ活性を抑制する LysYの発現を調整することにより、タンパク質の発現を厳密に制御することができる。
(B)BL21(DE3)で発現すると大部分の発現タンパク質が不溶性となる(左図)。Lemo21(DE3) で発現を制御すると、可溶性タンパク質の収量が大幅に向上する(LysYの誘導により、タンパク質発現が抑制されるが、可溶性タンパク質の収量は向上する)(右図)。
 
 製品名  特長 製品番号 容量 希望価格

  Lemo21(DE3) Competent E.coli

 ・T7 発現

 ・ラムノースで発現量をコントロール

C2528J 0.05 ml x 12 ¥ 39,800

 

 

BL21 & BL21(DE3) Competent E.coli
  一般的な発現用大腸菌
 製品名  特長 製品番号 容量 希望価格

  BL21 Competent E.coli

 Ptac、Plac、Ptrc 発現(非T7)

C2530H 20 x 0.05 ml ¥ 25,000

  BL21(DE3) Competent E.coli

 T7 発現

C2527H 20 x 0.05 ml ¥ 25,000
C2527I 6 x 0.2 ml ¥ 20,000

 

 

NEB Express Competent E.coli
  汎用性が高い一般的な発現用大腸菌
 

  ・BL21 派生株

  ・一般的なタンパク質発現に最適

 製品名  特長 製品番号 容量 希望価格

 NEB Express Competent E.coli

 Ptac、Plac、Ptrc 発現(非T7)

C2523H 20 x 0.05 ml ¥ 25,000
C2523I 6 x 0.2 ml ¥ 20,000

 NEB Express Iq Competent E.coli

 ・Ptac、Plac、Ptrc 発現(非T7)

 ・非誘導下での発現を抑制

 ・IPTG 発現誘導を厳密に制御

C3037I 6 x 0.2 ml ¥ 20,000

 T7 Express Competent E.coli

 ・T7 発現

C2566H 20 x 0.05 ml ¥ 25,000
C2566I 6 x 0.2 ml ¥ 20,000

 T7 Express lysY Competent E.coli

 ・T7 発現

 ・非誘導下での発現を抑制

 ・IPTG 発現誘導を厳密に制御

C3010I 6 x 0.2 ml ¥ 20,000

 T7 Express lysY/Iq Competent E.coli

 ・T7 発現

 ・非誘導下での発現を抑制

 ・IPTG 発現誘導を最も厳密に制御

 ・毒性タンパク質の発現

C3013I 6 x 0.2 ml ¥ 20,000

 

本製品に関するご質問は下記テクニカルサポートまでお問い合わせください。

Tel : 0120-963-650 (フリーダイアル)、03-5669-6195

製品に関するお問い合わせ