1. ホーム
  2. 製品一覧
  3. T4 Phage β-glucosyltransferase (T4-BGT)

T4 Phage β-glucosyltransferase (T4-BGT)

T4 Phage β-glucosyltransferase (T4-BGT)カタログ番号:M0357

カタログ番号

サイズ

濃度

価格

保存温度

M0357S 500 units 10,000 units/ml ¥16,500 -20C
M0357L 2,500 units 10,000 units/ml ¥66,000 -20C

製品カテゴリ>グループ

  • エピジェネティクス>エピジェネティクス解析用キット&試薬

特徴

・ DNA中の5-ヒドロキシメチルシトシンのグルコシル化
・ DNA中の5-ヒドロキシメチルシトシンの免疫検出
・ [3H]-もしくは[14C]-グルコースを5-hmCが含まれるDNAアクセプターに組み込む([3H]-もしくは[14C]-UDP-Glcと一緒にインキュベーションを行う)ことで、5-ヒドロキシメチルシトシン残基を標識
・ 制限酵素を用いた5-ヒドロキシメチルシトシンの検出

 

説明:

T4 Phage β-glucosyltransferaseはウリジンジホスホグルコース(UDP-Glc)のグルコースを2本鎖DNAのヒドロキシメチルシトシン(5-hmC)残基に特異的に転移させ、β-グリコシル-5-ヒドロキシメチルシトシンを産生する。

 

由来:

バクテリオファージT4由来のbgt 遺伝子を有する大腸菌

 

付属試薬:

NEBuffer 4 (10X)

UDP-Glucose (50X)

酵素特性および使用方法

ユニット定義:

1 unitは0.5 μgのT4gt-DNAがMfeIの切断から保護されるために必要な酵素量として定義

 

反応条件:

1X NEBuffer 4 中に40 μM UDP Glucoseを添加

37℃でインキュベーション

 

熱による不活性化:

65℃、20分間

 

濃度:

10,000 units/ml