1. ホーム
  2. 製品一覧
  3. T7 DNA Ligase

T7 DNA Ligase

T7 DNA Ligaseカタログ番号:M0318

カタログ番号

サイズ

濃度

価格

保存温度

M0318S 100,000 units 3,000,000 units/ml ¥13,000 -20C
M0318L 750,000 units 3,000,000 units/ml ¥52,000 -20C

製品カテゴリ>グループ

  • DNA修飾酵素&クローニング>リガーゼ&ライゲーションキット

特徴

・ 突出末端だけをライゲーション
・ 2本鎖DNA中のニック修復

 

説明:

T7 DNA LigaseはバクテリオファージT7由来のATP依存性の2本鎖DNAリガーゼである。2本鎖DNA中の隣接した5′リン酸と3′ヒドロキシル末端をホスホジエステル結合する。T7 DNA Ligaseは突出末端のライゲーションおよびニック修復を高効率で行うことができる。しかしながら、T4やT3 DNA Ligaseとは異なり、平滑末端のライゲーションを行うことができない。そのため、平滑末端と突出末端を有するDNAが混在する中で、突出末端だけをライゲーションすることが可能である。

 

由来:

T7 DNA Ligase遺伝子を有する大腸菌

 

付属試薬:

T7 DNA Ligase Reaction Buffer (2X)

酵素特性および使用方法

ユニット定義:

1 unitは、1 X T7 DNA Ligation Reaction Bufferを含む全反応容量20 μl中、25℃、30分間において、100 ngのλDNAのHindIII消化産物の50%をライゲーションするために必要な酵素量として定義

 

反応条件:

1X T7 DNA Ligase Reaction Buffer

25℃でインキュベーション

 

濃度:

3,000,000 units/ml