1. ホーム
  2. 製品一覧
  3. Q5 Site-Directed Mutagenesis Kit

Q5 Site-Directed Mutagenesis Kit

Q5 Site-Directed Mutagenesis Kitカタログ番号:E0554

カタログ番号

サイズ

濃度

価格

保存温度

E0554S 10 reactions ¥19,800 ¥14,850 -80C

製品カテゴリ>グループ

  • ポリメラーゼ&増幅技術>増幅キット等

備考

  • 備考:キャンペーン(2018年11月20日から2019年3月15日まで)

特徴

わずか 2 時間以内、簡単プロトコールでプラスミドに変異を導入

 

Q5 変異導入キットはわずか2時間以内で簡単にプラスミドに変異導入できるキットです。置換、欠損、挿入の様々な変異導入が可能です。プライマーとプラスミドで PCR した後、酵素ミックスと混ぜて 5 分間環状化した反応溶液を形質転換するだけで、簡単に >90% の変異導入体が得られます。20 kb までのプラスミドに対応しています。

 

特長:

 ・わずか 2 時間以内で簡単に変異導入

 ・置換、欠損(>3.5 kb)、挿入 (1~100 bp) が可能

 ・1,550円/反応

ソフトで簡単にプライマー設計!

image

 

 わずか 2 時間以内で変異導入

 

image

 

 

 精製なしの簡単プロトコール

 

image

 1. 変異導入プライマーと鋳型プラスミドを用いて PCR

 2. PCR産物の一部とKLD 酵素ミックスを混ぜて、わずか5分間で環状化と鋳型プラスミド除去

      (2A. 5'リン酸化、2B. 環状化、2C. 鋳型プラスミド除去)

 3. 形質転換(プラスミド精製は不要)

 

 様々な変異導入が可能

 

image

置換(A)、欠損(B)、挿入(C&D)に応じてプライマーを設計することで、簡単に変異導入ができる。Linear Amplification法と異なり、プライマーのオーバーラップは必要なく、長い欠損と挿入も可能である。

image

 

 高効率で変異導入体の取得が可能

詳細(比較データ)

image 

Q5 変異導入キットではPCR増幅とニックなしの環状化を行うため、他社変異導入キットに比べて多くの形質転換コロニーが取得できる。置換(Substitution)には6.7 kb、欠損(Deletion)には5.8 kb、挿入(Insertion)には7.0 kbのプラスミドを用いて変異導入を行った。すべての変異においてNEBのキットで90%のポジティブクローンが得られた。*A社キットは長い欠損と挿入に対応していないため、比較対象外である。

形質転換に推奨するコンピテントセル

NEB #C2987, NEB 5-alpha (High Efficiency) (製品に付属)

NEB #C2992, NEB 5-alpha F´Iq (High Efficiency)

NEB #C3019, NEB 10-beta (High Efficiency)

NEB #C2984, NEB Turbo

製品内容

Q5 Hot Start High-Fidelity 2X Master Mix 

・KLD Enzyme Mix

・KLD Reaction Buffer

・NEB 5-alpha Competent E.coli (High Efficiency)

・Control SDM Primer Mix

・Control SDM Plasmid

・SOC Outgrowth Medium