1. ホーム
  2. 製品一覧
  3. Exonuclease VII

Exonuclease VII

Exonuclease VIIカタログ番号:M0379

カタログ番号

サイズ

濃度

価格(税別)

保存温度

M0379S 200 units 10,000 units/ml ¥32,200 -20C
M0379L 1,000 units 10,000 units/ml ¥128,600 -20C

製品カテゴリ>グループ

  • DNA修飾酵素&クローニング>DNA修復酵素

特徴

2016年10月 毒物から劇物へ指定変更 (詳細)

・ 5’→ 3’および3’→ 5’エキソヌクレアーゼ
・ 1本鎖DNAに特異的
・ プライマー(1本鎖DNA)の除去
・ ゲノムDNA中のイントロンのマッピング

 

説明:

Exonuclease VIIは1本鎖DNAエンドヌクレアーゼであり、3’末端および5’末端の両方からDNA分解を行う。直鎖状2本鎖DNAおよび環状2本鎖DNAは分解しない。本酵素は補因子に金属イオンを必要としない。PCR産物中のプライマーの除去が可能

 

由来:

大腸菌由来のEconuclease VII (XseAおよびXseB)遺伝子を有する大腸菌

 

付属試薬:

Exonuclease VII Reaction Buffer (5X)

酵素特性および使用方法

ユニット定義:

1 unitは、全反応溶液50 μl中、37℃、30 分間で、1 nmolの酸可溶ヌクレオチドを放出するために必要な酵素量として定義

 

反応条件:

1X Exonuclease VII Reaction Buffer

37℃でインキュベーション

 

熱による不活性化:

95℃、10分間

 

濃度:

10,000 units/ml