1. ホーム
  2. 製品一覧
  3. WarmStart RTx Reverse Transcriptase

WarmStart RTx Reverse Transcriptase

WarmStart RTx Reverse Transcriptaseカタログ番号:M0380

カタログ番号

サイズ

濃度

価格

保存温度

M0380S 50 reactions 15,000 units/ml ¥13,600 -20C
M0380L 250 reactions 15,000 units/ml ¥54,200 -20C

製品カテゴリ>グループ

  • ポリメラーゼ&増幅技術>逆転写酵素&RT-PCRキット
  • RNA研究用試薬>逆転写酵素およびRT-PCR

特徴

・ RT-LAMP
・ cDNA合成
・ 室温での逆転写反応セットアップが可能

 

説明:

WarmStart RTx Reverse Transcriptaseは新規RNA依存性DNAポリメラーゼである。酵素と可逆的に結合するアプタマーにより40℃以下での酵素活性が抑制されている。本酵素はプライマー存在下において、RNAまたはssDNAをテンプレートとして相補的DNA鎖を合成することができる(RNAの場合、cDNA合成)。本酵素はLAMP法(loop-mediated isothermal amplification)に最適である。WarmStart仕様により室温での反応セットアップが可能であり、高い反応特異性を有する。RNase H活性を有する。

 

由来:

RTx遺伝子を有する大腸菌

 

付属試薬:

Isothermal Amplification Buffer (10X)

MgSO4 (100 mM)

酵素特性および使用方法

ユニット定義:

1 unitは、poly(rA)● oligo(dT)18をテンプレートとして、50℃、20分間で、1 nmolのdTTPを酸性不溶物質に取り込む酵素量として定義

 

反応条件:

1X Isothermal Amplification Buffer、テンプレート、プライマー、dNTPsと0.25-0.5 ulの酵素を含む25 ulの反応溶液。

cDNA合成の場合は50-55℃でインキュベーション。ワンステップRT-LAMPの場合は65℃でインキュベーション。

 

熱による不活性化:

80℃、10分間

 

品質管理:

RNase、エンドヌクレアーゼおよびエキソヌクレアーゼが検出されないことを確認

 

濃度:

15,000 units/ml