1. ホーム
  2. 製品一覧
  3. Luna Universal One-Step RT-qPCR Kit

Luna Universal One-Step RT-qPCR Kit

Luna Universal One-Step RT-qPCR Kitカタログ番号:E3005

カタログ番号

サイズ

濃度

価格

保存温度

E3005S 200 rxns 2X ¥25,900 -20C
E3005L 500 rxns 2X ¥58,500 -20C
E3005X 1,000 rxns 2X ¥101,500 -20C
E3005E 2,500 rxns 2X ¥225,000 -20C

製品カテゴリ>グループ

  • リアルタイム PCR>1-ステップ RT-qPCR (ダイ)

特徴

image

特長:

 ・1-ステップ RT-qPCR キット

 ・ダイ・アッセイ*用試薬

 ・Hot Start と Warm Start 逆転写酵素の採用により、非特異的反応が抑制される上、室温でのセットアップが可能

 ・ピペッティング、分注ミスを低減する青色のマスターミックス*

 ・補正用ダイが含まれており、ROX の添加は不要

 

   *SYBR Green と同等のダイ (色素)が使用されており、SYBR/FAM フィルターで検出できます。

   *青色トラッキング・ダイは qPCR 反応やシグナルに影響を及ぼすことはありません。

 

ルナ 1 ステップ RT-qPCR キット は高い感度と再現性を示す 他社製品との比較

image

 

0.1 pg - 1 μg の 広範囲のトータル RNA から高い再現性で 1 ステップ RT-qPCR ができる。ヒト GAPD をターゲットとしてN=8で RT-qPCR をおこなった (N=8) 。

 

WarmStart 逆転写酵素により非特異的増幅を抑制 詳細

image

ルナ 1 ステップ RT-qPCR に含まれている WarmStart 逆転写酵素は高い安定性を有するため、反応溶液をセットアップして室温で24時間経過してから反応をおこなっても非特異的増幅を生じない (NEB Luna, Melt Curve, After)。A社キットはセットアップ直後に反応すれば非特異的増幅を生じないが (A社, Melt Curve, Before)、24時間経過後では非特異的増幅を生じる (A社, Melr Curve, After)。トータル RNAをテンプレートにしてヒト リボソームタンパク L32をターゲットとした RT-qPCR をおこなった。

関連製品

Luna Universal qPCR Master Mix (qPCR マスターミックス、ダイ)

Luna Universal Probe qPCR Master Mix (qPCR マスターミックス、プローブ)

Luna Universal One-Step Probe RT-qPCR Kit (1 ステップ RT-qPCR キット、プローブ)

UDG (キャリーオーバー防止用)