1. ホーム
  2. 製品一覧
  3. Taq DNA Ligase

Taq DNA Ligase

Taq DNA Ligaseカタログ番号:M0208

カタログ番号

サイズ

濃度

価格

保存温度

M0208S 2,000 units 40,000 units/ml ¥13,500 -20C
M0208L 10,000 units 40,000 units/ml ¥54,000 -20C

製品カテゴリ>グループ

  • DNA修飾酵素&クローニング>リガーゼ&ライゲーションキット

特徴

概要:

Taq DNAリガーゼは、相補的なターゲットDNAにハイブリダイズしている2つの隣接するオリゴヌクレオチドの5'リン酸末端と3'ヒドロキシル末端とのホスホジエステル結合形成を触媒する。 オリゴヌクレオチドが相補的ターゲットDNAと完全に対になっており、ギャップがない時にのみライゲーションが起こる。 よって、1塩基置換を検出することが可能である。Taq DNAリガーゼは高温(45 ℃-65℃)で活性を有する。

 

特長:

・PCR中のリン酸化オリゴヌクレオチドの取り込みやリガーゼ連鎖反応(LCR)に使用できる耐熱性リガーゼ
・NAD + を含む10X 反応バッファーが付属

 

由来:
Thermus aquaticus HB8 からクローニングしたリガーゼ遺伝子を保有する大腸菌 。

 

アプリケーション:
・リガーゼ検出反応(Ligase Detection Reaction)やリガーゼ連鎖反応(Ligase Chain Reaction)を用いての対立遺伝子(Allele)特異的遺伝子の検出 
・PCR増幅中にリン酸化オリゴヌクレオチドを取り込ませることによる変異導入

 

付属試薬:

・Taq DNA Ligase Reaction Buffer (10X)

・λ DNA-BstEII Digest (コントロールDNA) (500 μg/ml)

酵素特性

ユニット定義:

1ユニットは50 μlの全反応溶液中、45 ℃、15分間で1 μgのBstEIIで消化したλ DNAのcos末端の50%をライゲーションするために必要な酵素量として定義される。

 

反応条件:

1X Taq DNAリガーゼ反応バッファー

45でインキュベート

 

1X Taq DNA Ligase Reaction Bufferの組成:

・20 mM Tris-HCl

・25 mM Potassium Acetate

・10 mM Magnesium Acetate

・1 mM NAD 1

・10 mM DTT

・0.1% Triton® X-100

pH 7.6 @ 25°C

 

保存温度:

-20℃

 

酵素保存液の組成:

・10 mM Tris-HCl

・50 mM KCl

・1 mM DTT

・0.1 mM EDTA

・200 μg/ml BSA

・50% Glycerol

pH 7.4 @ 25°C

 

熱による不活性化:

不可

 

ユニットアッセイ条件:

50 μlの反応溶液中に1X Taq DNAリガーゼ反応バッファーと1 μgのBstEIIで消化したλ DNA。45 ℃、15分間インキュベート後、stop dye (50% グリセロール、50 mM EDTAとブロモフェノールブルー) の添加と、 70 ℃、10分間での加熱により反応停止。続いて0.7% アガロースゲルで電気泳動を行う。リガーゼの存在により、BstEIIで消化されたλ DNAのcos末端は70 ℃の加熱処理後も結合。

メモ

Reaction Conditions: Incubate DNA and enzyme in 1X Taq DNA Ligase Buffer at 45°C for 15 minutes or in a thermocycler with a program suited to the reaction described by Barany (1991) Genetic Disease Detection and DNA Amplification Using Cloned Thermostable Ligase. Proc. Natl. Acad. Sci. USA 88, 189-193. The reaction is stopped with a mixture of 50% glycerol, 50 mM EDTA, bromphenol blue."

 

1X Taq DNA Ligase Reaction Buffer requires NAD+ as a cofactor. NAD+ is supplied in the 10X Taq DNA Ligase Reaction Buffer; the buffer should be stored at -70°C to extend the half life of the NAD+ cofactor.