1. ホーム
  2. 製品一覧
  3. Nuclease BAL-31

Nuclease BAL-31

Nuclease BAL-31カタログ番号:M0213

カタログ番号

サイズ

濃度

価格

保存温度

M0213S 50 units 1,000 units/ml ¥12,000 -20C
M0213L 250 units 1,000 units/ml 販売終了 -20C

製品カテゴリ>グループ

  • DNA修飾酵素&クローニング>ヌクレアーゼ

特徴

・ 5’→ 3’および3’→ 5’エキソヌクレアーゼ
・ 2本鎖DNAに特異的
・ 1本鎖特異的エンドヌクレアーゼ活性も保有

 

説明:

Nuclease BAL-31は2本鎖DNA特異的エンドヌクレアーゼである。3′および5′末端の両方から分解する。内部配列は切断しない。他に1本鎖DNAおよび1本鎖RNA特異的エンドヌクレアーゼ活性も有しており、ニックやギャップ、2本鎖DNAの1本鎖部分やRNAを特異的に切断する。

 

M0213

 

由来:

Alteromonas espejiana BAL-31の培養液から精製。「Fast」および「Slow」型酵素の混合物

 

付属試薬:

Nuclease BAL-31 Reaction Buffer (2X)

酵素特性および使用方法

ユニット定義:

1 unitは30℃、10分間で、1X Nuclease BAL-31 Reaction Buffer 50 μl中、直鎖状2本鎖ΦX174 DNA(40 μg/ml)の各末端から200 bpを分解するために必要な酵素量として定義

 

反応条件:

1X Nuclease BAL-31 Reaction Buffer

30℃でインキュベーション

 

熱による不活性化:

65℃、10分間

 

濃度:

1,000 units/ml