1. ホーム
  2. 製品一覧
  3. G9a Methyltransferase

G9a Methyltransferase

G9a Methyltransferaseカタログ番号:M0235

カタログ番号

サイズ

濃度

価格

保存温度

M0235S 100 units 2,000 units/ml 販売終了 代替品なし -20C

製品カテゴリ>グループ

  • エピジェネティクス>メチラーゼ

特徴

説明:

G9a Methyltransferaseは、ヒストンH3の9番目のリジン(Lys 9)をメチル化する。メチル化はリジン残基のεアミノ基で起こる。ヒストンH3 Lys9のメチル化は、サイレントクロマチンの特徴であり、セントロメアとテロメアなどのヘテロクロマチン全領域で見られる。

 

由来:

マウスG9a cDNAをバキュロウイルス発現系を用いて発現

 

付属試薬:

HMT Reaction Buffer (10X)

SAM (32 mM)

酵素特性および使用方法

ユニット定義:

1 unitは、反応容量25 μl、37℃、10分間の条件下で、1 pmolのメチル基を合成ペプチド基質(ヒストンH3のN末端17アミノ酸)に転移するために必要な酵素量として定義

 

反応条件:

1X HMT Reaction Buffer中に160 μMのSAMを添加

37℃でインキュベーション

 

熱による不活性化:

65℃、20分間

 

品質管理:

プロテアーゼのコンタミネーションが無いことを確認

 

濃度:

2,000 units/ml