1. ホーム
  2. 製品一覧
  3. T4 Polynucleotide Kinase (3' phosphatase minus)

T4 Polynucleotide Kinase (3' phosphatase minus)

T4 Polynucleotide Kinase (3' phosphatase minus)カタログ番号:M0236

カタログ番号

サイズ

濃度

価格

保存温度

M0236S 200 units 10,000 units/ml ¥21,500 -20C
M0236L 1,000 units 10,000 units/ml ¥86,000 -20C

製品カテゴリ>グループ

  • DNA修飾酵素&クローニング>DNAキナーゼ&DNAホスファターゼ

特徴

・ DNA/RNAの5’リン酸化
・ DNA/RNA末端の32P標識
・ リン酸化モノヌクレオチド(pNp)の作製
・ 3’リン酸化オリゴの5’末端修飾

 

説明:

T4 Polynucleotide Kinaseは、ATPを基質にしてDNAとRNAの5’末端をリン酸化する。T4 Polynucleotide Kinase(NEB #M0201)はさらに3’リン酸を除去する。改変型酵素(NEB #M0236)は3’リン酸を除去しない。

 

由来:

T4 Polynucleotide Kinaseの改変型遺伝子を有する大腸菌

 

付属試薬:

T4 Polynucleotide Kinase Reaction Buffer (10X)

酵素特性および使用方法

ユニット定義:

1 Richardson unitは、37℃、30分間で、1 nmolの酸不溶性[32P]の取り込みを触媒する酵素量として定義

 

反応条件:

1X T4 Polynucleotide Kinase Reaction Buffer

37℃でインキュベーション

 

熱による不活性化:

65℃、20分間

 

濃度:

10,000 units/ml