1. ホーム
  2. 製品一覧
  3. Taq 2X Master Mix

Taq 2X Master Mix

Taq 2X Master Mixカタログ番号:M0270

カタログ番号

サイズ

濃度

価格

保存温度

M0270S 100 reactions 2X 販売終了 -20C
M0270L 500 reactions 2X ¥25,000 -20C

製品カテゴリ>グループ

  • ポリメラーゼ&増幅技術>ルーチンPCR

備考

  • 備考:2020年4月価格改定

特徴

・ 高い品質と信頼性のルーチンPCR酵素
・ 便利なマスターミックス仕様 (2X)
・ dUTP、dITPおよび蛍光標識ヌクレオチドを取り込む


説明:
Taq DNA ポリメラーゼは熱安定性ポリメラーゼであり、5' → 3'ポリメラーゼ活性および2本鎖特異的5' → 3'エキソヌクレアーゼ活性を有する最も一般的に使用されている酵素である。

Taq 2X Master Mix は、テンプレートDNAとプライマーと混ぜるだけでPCRに使用できるマスターミックス溶液であり、Taq DNA ポリメラーゼ、dNTP、MgCl2、KCl、安定剤を予め含む最適化溶液である。

DNA溶液、細菌コロニーおよびcDNA生成物などのルーチンPCRに最適である。また、ゲノムDNAを基質とした場合は4kb、またはラムダDNAを基質とした場合には5kbのDNA増幅が可能である。

 

由来:
Thermus aquaticus YT-I由来のTaq DNAポリメラーゼ遺伝子を有するE. coli株

 

アプリケーション:
・ PCR
・ プライマーエクステンション
・ マイクロアレイ解析
・ ハイスループットPCR
・ コロニーPCR

 

付属試薬:

MgCl2 (25 mM)

酵素特性および使用方法

反応条件:
1X Taq MasterMix

 

1X Taq MasterMix組成:
10 mM Tris-HCl
50 mM KCl
1.5 mM MgCl2
0.2 mM dNTPs
5 % Glycerol
0.08 % NP-40
0.05 % Tween-20
25 units/ml Taq DNA Polymerase
pH 8.6 @ 25°C

 

ユニット定義:
1ユニットは、75 ℃で30分間、10 nmolのdNTPを酸不溶性物質に取り込むために必要な酵素量として定義されている。

ユニットアッセイ条件:
1X ThermoPol反応バッファー、200 μMdNTP、[3H]-dTTPおよび15 nM活性型M13 DNAで反応

熱による不活性化:
不可

濃度:
2 X

 

M0267