1. ホーム
  2. 製品一覧
  3. Bst DNA Polymerase, Large Fragment

Bst DNA Polymerase, Large Fragment

Bst DNA Polymerase, Large Fragmentカタログ番号:M0275

カタログ番号

サイズ

濃度

価格

保存温度

M0275S 1,600 units 8,000 units/ml ¥13,400 -20C
M0275L 8,000 units 8,000 units/ml ¥53,100 -20C
M0275M 8,000 units 120,000 units/ml ¥53,100 -20C

製品カテゴリ>グループ

  • ポリメラーゼ&増幅技術>その他のポリメラーゼ

特徴

説明:

Bst DNA Polymerase, Large FragmentはBacillus stearothermophilus由来のDNAポリメラーゼ複合体の一部で、5' → 3'ポリメラーゼ活性を有するが、5' → 3'エキソヌクレアーゼ活性は持っていない。DNA等温増幅反応に使用することができる。

 

主なアプリケーション:

・等温増幅(LAMP法など)

・GC含量が高いDNAのシーケンス(2,3)

・ナノグラム単位のDNAテンプレートのシーケンス(4)

 

由来:

Bst DNAポリメラーゼ(Large Fragment)は、5' → 3'エキソヌクレアーゼドメインを持たないBacillus stearothermophilus由来のDNA ポリメラーゼ遺伝子にE. coli由来マルトース結合タンパク質(MBP) 遺伝子を融合させた遺伝子を有するE. coli株から産生される。発現された融合タンパク質のMBPはin vitroで切断されるため、精製されたポリメラーゼにMBPは付加しておらず、ロットごとの均一性が高い(1)。

 

付属試薬:

・ThermoPol Reation Buffer (10X)

・MgSO4 Solution (100 mM)

メモ

1. Bst DNA Polymeraseは3'→5'エキソヌクレアーゼ活性を有していない。

2.酵素を長期保存する場合、100 ug/ml BSAか0.1% Triton X-100が必要である(酵素溶液中には0.1% Triton X-100が含まれている)。

3. 70℃以上の反応温度は推奨しない。

4. Bst DNA PolymeraseはPCRに使用できない。

酵素特性

ユニット定義:

1 unitは30分間、65℃で10 nmolのdNTPを酸不溶基質に取り込むために必要な酵素量として定義される。

 

保存温度:

-20℃

 

酵素溶液の組成:

・10 mM Tris-HCl

・50 mM KCl

・1 mM DTT

・0.1 mM EDTA

・50% Glycerol

・0.1% Triton® X-100

pH 7.4 @ 25°C

 

熱による不活性化:

80℃、20分間

 

分子量:

67 kDa

 

5'→3'エキソヌクレアーゼ活性:

なし

 

3'→5'エキソヌクレアーゼ活性:

なし

 

鎖置換活性:

++++

参考文献

1. Kong, H., Aliotta, J. and Pelletier, J.J. New England Biolabs. Unpublished observation

2. Griffin, H. and Griffin, A. (1994). PCR Technology. 228-229.

3. McClary, J. et al. (1991). J. DNA Sequencing and Mapping. 1, 173-180.

4. Mead, D.A. et al. (1991). Biotechniques. 11, 76-87.

5. Notomi et al. (2000). Nucleic Acids Res. 28(12), E63.

6. Hsieh et al. (2014). Chem. Commun. 50, 3747-3749.

7. Tanner and Evans (2014). Curr. Prot. Mol. Biol. 105, 15.14.

関連製品

Bst 2.0 DNA Polymerase: DNA増幅速度と効率を向上した改良型Bst DNAポリメラーゼ

dNTP mixture