1. ホーム
  2. 製品一覧
  3. pNEB206A Linearized Vector

pNEB206A Linearized Vector

pNEB206A Linearized Vectorカタログ番号:N5502

カタログ番号

サイズ

濃度

価格

保存温度

N5502S 1 μg 20 μg/ml 販売終了 -20C
N5502L 5 μg 20 μg/ml 販売終了 -20C

製品カテゴリ>グループ

  • DNA修飾酵素&クローニング>その他のDNA

特徴

説明:

pNEB206AはUSER Enzyme (#M5505)を使用してPCR 産物を迅速かつ効果的にクローニングするための大腸菌プラスミドベクターである。pNEB206Aは高コピーのpUC19複製起点を保有するpNEB193の由来のプラスミドであり、 クローニング部位がlacZα遺伝子内に位置するため、α相補性を利用したブルー/ホワイトスクリーニングによりインサートの確認が可能である。

全長2,706 bp の直鎖状のプラスミド (環状プラスミドから438-453 bp 部位が切除されている) として提供され、クローニング部位の両側に2つの非相補的な3′突出末端 (8 塩基) を保有する。USER Enzyme を使用したクローニングプロトコール従い、デオキシウリジンを含んだプライマーによるPCR 増幅を行った後、酵素処理を行う。その結果、PCR産物はpNEB206Aに相補的な5′突出末端を保有するPCR 断片となる。このPCR断片は、制限酵素やDNAリガーゼを使用することなく、高効率でpNEB206Aに定方向にクローニングされ、その結果、リコンビナント環状DNA が形成される。

 

由来:

標準的なプラスミド精製方法で大腸菌から調製

特性

濃度:

20 μg/ml